会社設立に必要な事

自分で何か仕事を始める場合は、個人又は法人の形態があり、法人(主に株式会社)で仕事を始めるときは、下記の様な手続をして、株式会社を設立することになります。
商号、事業目的、役員等の基本事項に関して相談を希望している方は、是非ご連絡下さい。

  1. 基本事項の決定
    会社の商号、本店の所在地、事業目的、出資者(株主)及び出資額、取締役及び員数、事業年度等の基本事項を決める。
  2. 商号の調査
    新しい会社法では、「同一の住所では、同一の商号で登記できない」という規定になりましたので、「類似商号調査」を省く事が可能。
  3. 定款作成
    会社運営のための基本的な規則になる定款を作成する。
  4. 公証役場で定款認証
    作成した定款を公証人役場で公証人の認証を受ける。
  5. 設立登記の必要書類作成
    設立手続に必要な議事録等の書類を作成する。
  6. 登記申請
    申請に必要な書類を添付して、法務局に設立登記申請をする。
会社設立イメージ

株式会社の特徴

  1. 資本金1円から設立ができる。
  2. 出資者(株主)が一人以上で設立ができる。
  3. 取締役1名や、取締役会を設置しない小規模な株式会社を設立することができる。