契約書の作成

契約書作成イメージ

契約は、常に私たちの日常生活にあって大切な役割をしている法律行為です。
 後日、契約(当事者の合意内容)をめぐってトラブルのおきない様にするとともにトラブルが裁判に持ち込まれたとき、証拠としての働きをする様に作成することが重要です。

契約書の基本構成

  1. 標題(タイトル)
    契約内容や種類が分かるよう、「○○契約書」と記載する。
  2. 当事者の表示
    個人の場合は、「住所、氏名」
    法人の場合は、法務局で登記されている内容と同じ「本店所在地・法人名・代表者氏名」を記載する。
  3. 本文
    当事者間で約定した契約目的等を記載する。
  4. 作成年月日
    契約の効力発生日として扱われるが、契約成立日と効力発生日を分ける場合は、その旨記載する。

トラブルがおきない様に記載する条項

  1. 契約期間
  2. 履行期の約定条項
  3. 期限の利益に関する条項
  4. 失権に関する条項
  5. 契約の解除に関する条項
  6. 瑕疵担保に関する条項
  7. 損害賠償に関する条項
  8. 危険負担に関する条項
  9. 支払条件に関する条項
  10. 裁判所の合意管轄に関する条項
  11. 秘密保持に関する条項
  12. 連帯保証人に関する条項等
契約書作成イメージ